医療訴訟をする時には弁護士に相談してアドバイスをもらう

医療訴訟で大事なこと

注意点を確認

医療訴訟は弁護士に相談して、サポートを受けましょう。コチラならしっかりと解決へ導いてくれますよ。フリーダイヤルで対応してます。

医療訴訟においての注意点

医療事故の疑いがある場合は、 何でも記録を残しておくことが大事です。 時間が経ってしまうと、記憶も曖昧になってしまうものです。 医療訴訟を行う場合、一連の流れについて、 メモや録音などがあれば、信憑性も高まります。 また最近では、患者や家族側から病院側に、 カルテの開示を求めるケースが増えました。 しかし、医療訴訟を行うつもりであれば、 医療事故だと思った時点で、すぐに弁護士に相談してアドバイスを受けましょう。 医者にカルテの開示を求めるのは、弁護士に相談してからの方が良いです。 なぜなら、病院側は、患者や家族からカルテの開示を求められると、 訴訟を起こされるのではないかと思い、本当に医療事故があった場合は、 カルテの改ざんなどが行われてしまう危険性があるからです。

弁護士の選び方のポイント

続いて、弁護士の選び方についてご紹介します。 弁護士を選ぶ一番のポイントとしては、医療訴訟の経験を聞くことです。 今までの医療訴訟の件数や、どんな医療事故を扱ってきたのかを 確認してみるようにしましょう。 医療事故を得意とする弁護士を探すのはとても難しいので、 初めて相談した弁護士にお願いするのではなく、 複数の弁護士にセカンドオピニオンを受けて、 自分がこの人ならと納得できる弁護士に出会えてから決めるようにしましょう。 インターネットで検索してみると、医療事故を多数扱っていたり、 協力医が多数いることを売りにしたりといった情報を確認できますが、 実際は違っている場合もありますので、注意しましょう。 医療訴訟は、弁護士の腕によるものが大きいので、慎重に選ぶことが大切です。

自分にとって医療訴訟は他人事と思われていますか

ニュースなどでさまざまな医療事故、医療ミスなどが取り上げられています。なぜこういった問題が起きるのでしょう。人間は機械やコンピュータなどとは違って、命令次第で正確に働くことは出来ません。それは例え、医師であっても、同じ人間である限り同様であると言えます。ゆえに、人間には間違いや失敗はつきものです。しかし、治療を施される患者さんからすれば、失敗した、間違ったでは済まないのが、医療事故ないしは医療ミスというものです。 とは言え、普段生活をしていて、病気や怪我などでどうしても医療サービスを受けなくてはならない場面は数多くあります。医師もミスが絶対にないよう日々、研鑽を積んでいるのですが、医療サービスにはこうしたことが時折あるというのは覚えていてもいいかもしれません。

弁護士はこうした訴訟に弱い

さて、もし医療ミスに遭われた場合、医療訴訟に発展するのがほとんどのケースだと言えますが、この医療訴訟というのは、結構な弁護士が嫌うものです。医療訴訟の裁判ではさまざまな医療用語が交わされて、審議が進みます。弁護士もそれに関連した知識がないと、医療訴訟という案件には取り組めないというものです。 もともと、医療ミスはあってはならなくて当然で、それはそれでいいとは言え、その弁護を担当したことのある弁護士の数も、その分、少ないというのが現状です。ですので、最寄りの弁護士を訪ねても、弁護をするのを躊躇われるのがほとんどだと思います。 こうしたトラブルで一番いいのは、医療ミスや医療事故を専門にしている機関への問い合わせがいいでしょう。そこでは弁護士の斡旋もしてくれるので、入口としてはうってつけだと思われます。

CONTENTS

訴訟する前に

医療訴訟にはかなり長期の時間と費用が必要と言われています。より早い解決をする為にも、医療に強い弁護士を探すことが大切です。医療事故は誰もが遭遇するケースがあるのでそのことを頭に入れておくと良いでしょう。

詳しくはコチラ

相性は大切

医療訴訟をする時には医療に強い弁護士とタッグを組み、協力しながら勝訴に向けて行動する必要があります。この場合、弁護士との相性は非常に大切なので、弁護士を選ぶところから慎重に行うと良いでしょう。

詳しくはコチラ

相談前に確認

医療事故によって被害を受けた場合、病院の意見に納得行かないときは弁護士に相談できます。弁護士に相談する時に気をつけておきたいことや医療訴訟にかかる費用などを紹介します。

詳しくはコチラ

TOPICS

医療に強い弁護士

医療事故に遭遇し、弁護士に医療訴訟を依頼する時には医療という専門分野に強い弁護士を探す必要があります。今では医療に特化して弁護を行う人もいるので、勝訴する為にも一度弁護士について調べてみると良いでしょう。

もっと読む

医療訴訟の内容も様々

医療訴訟といってもその内容は、医療事故や施術する病気によっても変わってきます。適切に弁護士に相談した上で、判断する事でスムーズかつ迅速に医療訴訟を起こすという事も可能となっています。

もっと読む